日経Automotive 2018/04号

連載講座 自動車技術者のためのAI入門
〔第2回 自動運転と深層学習(下)〕 多様なニューラルネットで高度な自動運転を実現

 NVIDIA社が開発した物体検出を行うDNNの「DriveNet」は、カメラによって取り込んだ画像から一般車両や大型車両、歩行者、二輪車、自転車、交通標識、信号などの位置や大きさなどをリアルタイムで類推する。現在のバージョンでは200万画素のカメラ画像に対して、毎…(72〜75ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4850文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > 設計(エレクトロニクス)
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > ITS・自動車情報システム
情報システム > 情報工学 > 人工知能
ビズボードスペシャル > 学術系 > 人工知能
update:19/09/26