日経メディカル 2018/03号

特集2 迫られる医師の働き方改革
時短に効く複数主治医制や業務委譲 働き方改革を実現する4つの切り札

 全ての病院にいつ労基署の調査が入ってもおかしくない状況では、今すぐ医師の働き方改革に取り組んでいくしかない。働き方改革を進める上で切り札となるであろう4つの方策を、先進的な取り組みを実践している施設を例に紹介する。(54〜56ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5379文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 迫られる医師の働き方改革(47ページ掲載)
迫られる医師の働き方改革
特集2 迫られる医師の働き方改革(48〜49ページ掲載)
規制適用は2024年へと先送り 一方で相次ぐ労基署の立入調査
特集2 迫られる医師の働き方改革(50〜53ページ掲載)
労基署の調査を機に改革に着手 時短に取り組み始めた3病院の今
特集2 迫られる医師の働き方改革(54〜56ページ掲載)
時短に効く複数主治医制や業務委譲 働き方改革を実現する4つの切り札
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > その他(病院・薬局・施設経営)
政治・経済・社会 > 社会 > 社会問題
update:18/08/06