日経ビジネスアソシエ 2018/04号

ニュースの“私点”
〈裁量労働制〉 法政大学教授 上西充子さんに聞く 懸念される“定額働かせ放題”の横行 裁量労働制拡大に潜む大きなリスク

働き方改革関連法案に盛り込まれた「裁量労働制の拡大」。国会での「不適切データ」問題により一躍脚光を浴び、結局、法案から削除された。実働時間にかかわらず、一定時間労働したものと見なして賃金を支払うこの制度。現状でも、〝定額働かせ放題〟といった批判が強い。(18〜19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2733文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
政治・経済・社会 > 政治 > 法令・法律改正
ビズボードスペシャル > 法令 > 法令・法律改正
【記事に登場する企業】
法政大学
update:18/11/07