日経トップリーダー 2018/05号

心が折れない経営者のつくり方
〔3〕 「何で俺ばかり」と思ったら会社はあっという間に崩壊する

会社が潰れかかっている現実を受け止めきれず、被害者意識にさいなまれた。被害者意識の恐ろしさは、物事の捉え方がゆがみ、人が信じられなくなること。しかし、認知のゆがみを自覚する方法を知れば、着実に対処できる。(56〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2271文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > 起業ノウハウ
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > その他(卸・小売サービス)
サービス・流通・生活・文化 > 住まい・暮らし > 生き方
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > 起業ノウハウ
update:18/11/07