日経トップリーダー 2018/05号

大事凡事
第29回 カルビー・松本会長、突然の退任 カリスマの本当のすごみとは

「一利を興すは一害を除くに如かず」。モンゴル帝国を興したチンギス・ハンの宰相、耶律楚材(やりつ・そざい)の言葉である。害になることを1つやめることは、利益になることを1つ始めることより良い、という意味だ。自らに言い聞かせるようにこの言葉を筆者に語って聞かせてくれたのは、3月末に突然退任を発表したカルビーの松本晃会長兼CEO(最高経営責任者)である。(58〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2753文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > マネジメントスキル
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > マネジメントスキル
【記事に登場する企業】
カルビー
update:18/11/07