日経Automotive 2018/06号

Automotive Report
マツダが気筒休止採用 ラッシュアジャスターを伸縮

 マツダは2018年3月に部分改良した中型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「CX-5」で、エンジンの気筒休止技術を採用した(図1)。高速道路の定速走行中など、負荷が小さいときに4気筒のうち2気筒を止める。停止時に燃料噴射や点火はしない。(28〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1641文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > 新型・モデルチェンジ
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > エンジン・モーター
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > 生産体制(車・バイク)
【記事に登場する企業】
マツダ
update:18/08/30