日経Automotive 2018/06号

Cover Story アルミを超えるCFRP
アルミを超えるCFRP
クルマ軽量化の最有力へ

熱可塑性CFRPが量産車のボディーに初めて本格採用された。鋼板製の部品と同等の生産性を実現したことなどで、実用化の壁を乗り越えた。製造コストをAl合金並みに下げることもできる。(46〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:444文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
Cover Story アルミを超えるCFRP(46〜47ページ掲載)
アルミを超えるCFRP
Cover Story アルミを超えるCFRP(48〜51ページ掲載)
〔Part1 軽量化素材の新たな選択肢〕 アルミや高張力鋼板を脅かす
Cover Story アルミを超えるCFRP(52〜56ページ掲載)
〔Part2 生産性を高める〕 鋼板部品と同等の成形時間に
Cover Story アルミを超えるCFRP(57〜59ページ掲載)
〔Part3 炭素繊維のコストを下げる〕 2025年にコスト半減へ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > 樹脂・プラスチックス
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > その他部品(車・バイク)
ビズボードスペシャル > 素材 > 樹脂・プラスチックス
update:18/08/30