日経エレクトロニクス 2018/06号

Emerging Tech 電子デバイス
サーバー電源バスが48Vへ 効率競う変換IC/技術が続々
Google主導のデータセンター電力の削減で好機

ボード上の配電システムが大きく変わる。従来は12Vの電源(配電)バスを採用していたが、それを48Vに高圧化する動きが活発化してきた。電圧を高めることで供給電流を減らし、電力損失を抑えることが目的だ。(43〜52ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:13588文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > 設計(エレクトロニクス)
情報システム > コンピュータ本体 > その他(コンピュータ本体)
update:18/08/06