日経ものづくり 2018/06号

特別レポート
Hannover Messe 2018報告 協働ロボットをより身近に、5Gも活用

 工場のスマート化に力を注ぐ欧州で存在感を高めようと、日本企業もブースを出展した。オムロンはAIを搭載した産業用PC(IPC)を展示(図7)。デモとして、円環状に搬送されているボトル1つひとつに、ロボットが液体を注入する生産ラインを披露した。(42〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7858文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる378円
買い物カゴに入れる(読者特価)189円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > ロボット > その他(ロボット)
通信・ネットワーク・放送 > 携帯電話・PHSサービス > 携帯電話・PHSサービス
update:18/08/07