日経トップリーダー 2018/06号

調査マンは見た!
〔ファイル4〕 申立書が語る倒産の真相

民事再生や破産など、裁判所を通じた法的倒産の手続きでは、会社は裁判所に「申立書」を提出する。申立書とは文字通り、倒産申し立てに至るまでの報告書だ。裁判所は申立書の倒産理由を審査し、手続き開始の決定を下す。申立書は通常、代理人の依頼を受けた弁護士が作成する。商業登記や不動産登記簿、決算書、財産目録のほか、申請に至った経緯や代表者の陳述書、債権者名簿、これらを裏付ける資料(例えば通帳の写しや保有設備の写真など)を添付する。(49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1399文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
ビズボードスペシャル > 法令 > その他(法令)
update:18/11/07