日経トップリーダー 2018/06号

破綻の真相
経営改善後も借入債務が足かせ 仕入先の評判良く自力再建目指す
エコー商事 回転寿司チェーン

神奈川県内で回転寿司店「ジャンボおしどり寿司」を12店舗展開するエコー商事(横浜市)が4月2日、東京地方裁判所に民事再生の適用を申請した。負債総額は約15億円だった。何が問題だったのか。地元出身の人に尋ねると、ジャンボおしどり寿司は知名度があり、なじみ深いという。会社は破綻したとはいえ、店は営業を続けている。そこで記者は5月、平日と休日の午後1時半頃、日野本店(横浜市)に行ってみた。平日の昼過ぎは全100席に対し、埋まっていたのは1割程度。一方、日曜日は、待合席も満席の混雑ぶりだった。(52〜54ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3069文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
update:18/11/07