日経アーキテクチュア 2018/06/14号

建築訴訟「ここが知りたい」
第6回 認知症高齢者が介護施設の窓から転落
工作物責任に基づき施設運営者に1080万円の賠償命令

グループホームの2階窓から認知症の入居者が転落、大けがを負った。事故の原因は窓が開いてしまったせいだとして家族が施設側を訴えた裁判で、判決は工作物責任を理由に施設側へ賠償を命じた。(本誌) 高齢化社会における建築界の重要な役割として、能力が…(18〜20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3200文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
医療・バイオ > 看護・介護 > 介護サービス
update:18/11/08