日経アーキテクチュア 2018/06/14号

特集 ちょうど良い省エネの着地点
case1 山形の家 連続スリット窓が熱損失抑制

山形の家スリット状の連続開口部によって、熱損失を抑えながら大開口並みの屋内の明るさや開放感を感じることができる。雪の多い地域の自然特性を生かしながら、ZEH基準を超える外皮性能も確保。設計者ならでは意匠性を含めて「ちょうど良い省エネ」を実現…(44〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2595文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 ちょうど良い省エネの着地点(42〜43ページ掲載)
ちょうど良い省エネの着地点
特集 ちょうど良い省エネの着地点(44〜47ページ掲載)
case1 山形の家 連続スリット窓が熱損失抑制
特集 ちょうど良い省エネの着地点(48〜51ページ掲載)
case2 がんばり坂の家 築60年の古家を長期優良相当に
特集 ちょうど良い省エネの着地点(52〜55ページ掲載)
case3 淡路島の住宅 「瓦スキン」が温熱環境を調整
特集 ちょうど良い省エネの着地点(56〜59ページ掲載)
case4 月寒西モデルハウス 施工性や販売戦略とも両立図る
特集 ちょうど良い省エネの着地点(60〜64ページ掲載)
case5 フルイチチョウの家 「性能設計+職人技」でZEHに
特集 ちょうど良い省エネの着地点(65〜67ページ掲載)
インタビュー 伊香賀俊治氏 慶応義塾大学理工学部システムデザイン工学科教授
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 設計・デザイン > 商業建築設計・デザイン
建設・不動産 > 環境・エコロジー(建設・不動産) > 省エネルギー(建設・不動産)
建設・不動産 > 建設・建築 > 商業建築設計・デザイン
ビズボードスペシャル > 環境 > 省エネルギー(建設・不動産)
update:18/11/08