日経ものづくり 2018/07号

特集1 独フラウンホーファーの研究力
〔Part1 総論〕 基本ルールは産業ニーズ主導

欧州最大の応用研究機関とされるドイツのフラウンホーファー研究機構(以下、フラウンホーファー)。年間予算23億ユーロ、約2万5000人のスタッフを抱える巨大な組織だ。その最大の特徴は、産業界の具体的なニーズに応えられる研究力にある。(34〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4744文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 独フラウンホーファーの研究力(31ページ掲載)
独フラウンホーファーの研究力
特集1 独フラウンホーファーの研究力(32〜33ページ掲載)
フラウンホーファー研究機構の全貌
特集1 独フラウンホーファーの研究力(34〜37ページ掲載)
〔Part1 総論〕 基本ルールは産業ニーズ主導
特集1 独フラウンホーファーの研究力(38〜41ページ掲載)
〔Part2 産学連携〕 基礎研究と応用のギャップを埋める
特集1 独フラウンホーファーの研究力(42〜47ページ掲載)
〔Part3 先端技術〕 唯一無二の技術力で世界から依頼
特集1 独フラウンホーファーの研究力(48〜49ページ掲載)
〔Part4 地域振興〕 産業クラスターで中小企業を強化
特集1 独フラウンホーファーの研究力(50〜51ページ掲載)
〔Part5 境界領域〕 経済や労働環境も研究テーマ
関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
独フラウンホーファー協会
独フラウンホーファー研究機構
update:18/08/30