日経ESG 2018/08号

ヨーロッパESG最前線
第29回 ドイツのP2G(電力のガス化)計画
再エネを水素やメタンに変換 蓄電して使い尽くす

 このため、電力業界とガス供給業界が協力して、この技術の実用化を目指す動きが本格化している。電力会社ユニパーやEnBW、ガス会社のウィンガスなど、23社・団体は、「P2G戦略プラットフォーム」という組織の下に結集してフラウンホーファー研究所と協力し、技…(72〜73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2641文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > 水力・風力・地熱発電
update:19/09/24