日経アーキテクチュア 2018/12/27号

News 時事
外国人労働者の在留資格を新設
建設業は初年度に最大6000人受け入れ

 外国人労働者の受け入れ拡大に向けて新たな在留資格を設ける改正出入国管理法が12月8日、参院本会議で可決、成立した。政府は2019年4月に新資格を導入する見通しで、建設業の受け入れ人数を初年度に5000〜6000人、5年間で3万〜4万人と見込んでいる。 新たな在留…(27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1192文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建築関連の資格
政治・経済・社会 > 国内経済 > 雇用
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > 建築関連の資格
update:19/01/03