日経パソコン 2019/01/14号

Trend&Keyword
パソコン出荷は堅調な一方でCPU不足が足かせに

2018年は、世界規模でパソコン市場が活況な1年だった。2018年夏の米ガートナーの調査報告では、全世界のパソコン出荷台数が6年ぶりに増加。さらに2018年11月のMM総研の調査によれば、2018年4〜9月の国内パソコン出荷台数が前年同期比6.4%増の524.3万台を記録した。内訳を見ると、個人向けパソコンは依然として冷え込んでいるが、法人向けは14.8%増となり、市場をけん引している。(10ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1558文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン本体・ホームサーバー > その他(パソコン本体・ホームサーバー)
パソコン・デジタルギア > パソコン・デジタルギア市場・業界動向 > パソコン・デジタルギアの市場・業界動向*
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > CPU・マイコン
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 海外景気動向・対策
ビズボードスペシャル > 市場・業界動向 > パソコン・デジタルギアの市場・業界動向*
日経パソコンEdu用記事(非表示) > ニュース&トレンド > ニュース&REPORT 2019年1月〜6月
【記事に登場する企業】
MM総研
update:19/11/23