日経パソコン 2019/01/14号

60分で学ぶExcelグラフ編
第1回 縦棒グラフを作成する

この連載では、Excelのグラフ機能を取り上げ、具体的なグラフの作成や要素の編集などを通じて手順を紹介していく。数値データはグラフにすることで、相対的な大小や変化の推移が分かりやすくなる。Excelには、表として入力したデータを、簡単な操作でグラフにできる機能がある。棒グラフや円グラフ、折れ線グラフなど、種類は豊富だ。この連載では、第1回と第2回で、基本的な縦棒グラフを作成する。(52〜55ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3533文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > オフィスソフト
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > ITスキル
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ITスキル
日経パソコンEdu用記事(非表示) > Officeソフト入門&活用 > 基本から学ぶExcel入門(2016対応)
update:19/11/23