日経コンピュータ 2019/01/24号

極言正論
動き出した「技術者シェア」 IT人材不足の意外な解決策

 NTTデータが12月に発表した新制度は、個人の能力や業績に応じて2000万円を超える高額の年俸を支払おうという内容だ。給与水準を世界標準に近づけることで、AI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)など最新技術に秀でた技術者の獲得を狙う(2018年…(91ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1718文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
情報システム > 情報工学 > 人工知能
ビズボードスペシャル > 学術系 > 人工知能
【記事に登場する企業】
NTTデータ
update:19/02/05