日経ビジネス 2019/02/25号

特集 実録 不正会計 気づけば あなたも当事者に
COLUMN 会計の「黒歴史」

 借方と貸方が等しくなる「貸借平均の原理」などを導入した「複式簿記」が生まれたのが、イタリアだ。今の損益計算書と貸借対照表に相当するこのやり方は、仲間たちと資金を出し合って貿易を手掛けていたイタリア商人がそれぞれの持ち分や利益を計算するため…(34〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1972文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 実録 不正会計 気づけば あなたも当事者に(26〜27ページ掲載)
実録 不正会計 気づけば あなたも当事者に
特集 実録 不正会計 気づけば あなたも当事者に(28〜33ページ掲載)
PART1 あなたの会社も狙われる これが不正の手口だ
特集 実録 不正会計 気づけば あなたも当事者に(34〜35ページ掲載)
COLUMN 会計の「黒歴史」
特集 実録 不正会計 気づけば あなたも当事者に(36〜39ページ掲載)
PART2 何が企業を粉飾に走らせるのか あなたも当事者に? 不正の背景
特集 実録 不正会計 気づけば あなたも当事者に(40〜41ページ掲載)
PART3 専門家が語る なぜ、不正はなくならない?
特集 実録 不正会計 気づけば あなたも当事者に(42〜43ページ掲載)
PART4 不正を無くす方法はあるのか あなたが最後の防波堤
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
update:19/09/24