日経パソコン 2019/02/25号

Excel VBAでプログラミング入門
第4回 セルやシートへの処理を繰り返す

今回は、VBAで使える「繰り返し処理」の方法を、3種類紹介しよう。繰り返し処理で必要になる「コレクション」についても解説する。プログラミングの要素として、「条件分岐」と並んで重要なのが「繰り返し処理」だ。繰り返し処理とは、文字通り、指定した部分の処理を何度も繰り返すこと。繰り返しの中で、たいていは変数の値などがそのつど変化し、処理の対象や内容が少しずつ変わっていく。VBAで使用できる繰り返し処理の方法はいくつかある。(97〜102ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7340文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる378円
買い物カゴに入れる(読者特価)189円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > オフィスソフト
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > ITスキル
情報システム > システム設計・開発 > プログラミング言語・開発ツール
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ITスキル
update:19/08/17