日経パソコン 2019/02/25号

へぇ〜と驚く パソコンの真実
第95回 利用者にも企業にも魅力的なサブスクリプションサービス

「サブスクリプションサービス」は、利用期間に応じて対価を支払う形式のサービスです。サービスの分野や種類が増えてきたことで、大いに注目を集めています。そもそも「サブスクリプション(subscription)」という言葉は雑誌の「年間購読」を意味します。さらに、さまざまなサービスの「定額制」という意味でも使われています。それでは「定額制」とは何かというと、一定の料金を支払えば、回数に制限がなく、期間中に何度でもサービスを受けられることです。本誌の読者であれば「Office 365」や「Adobe Creative Cloud」などの提供形態としてもおなじみでしょう。(104〜105ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2283文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
パソコン・デジタルギア > その他(パソコン・デジタルギア) > その他(パソコン・デジタルギア)
インターネットサービス > ニュース・情報配信 > 情報提供サービス
インターネットサービス > クラウドサービス > 個人向けクラウドサービス*
サービス・流通・生活・文化 > その他(サービス・流通・生活・文化) > その他(サービス・流通・生活・文化)
政治・経済・社会 > 社会 > 社会全般
日経パソコンEdu用記事(非表示) > ITの技術を知る > パソコンの仕組み
update:19/05/02