日経ビジネス 2019/04/08号

時事深層 COMPANY
出品増やしたいメルカリ CtoC取引価格、AIで高値に

利用者数でCtoC(個人間取引)の最大手となったフリマアプリのメルカリ。目下の優先課題は、徹底的に売りやすくして利用者に出品を促すことだ。AI(人工知能)で高値を推奨して出品につなげたい意向だが、買い手からすると割安な掘り出し物が減りそうだ。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1531文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 経営戦略#
企業・経営・ビジネス > マーケティング戦略 > その他(マーケティング戦略)
インターネットサービス > EC > EC・フリマ・ネットオークション#
情報システム > 情報工学 > 人工知能#
ビズボードスペシャル > 学術系 > 人工知能#
【記事に登場する企業】
メルカリ
update:21/03/05