日経ビジネス 2019/04/22号

時事深層 INDUSTRY
オプジーボの対価巡り小野薬品と溝 本庶氏が突き付けた「1000億円」

ノーベル賞学者である本庶佑・京都大学特別教授が10日、京都大学で異例の記者会見を開いた。抗がん剤「オプジーボ」の収益の還元が十分でないとし、小野薬品工業に約1000億円を要求する。小野薬品は協議を続ける構えだが、対立が長引けば産学連携の機運の高まり…(21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1577文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
医療・バイオ > 医薬品 > 薬品
医療・バイオ > 産学連携・協同(医療・バイオ) > 医療・バイオの産学連携・協同
ビズボードスペシャル > 産学連携・協同 > 医療・バイオの産学連携・協同
【記事に登場する企業】
小野薬品工業
京都大学
update:20/03/22