日経ビジネス 2019/04/29号

スペシャルリポート
便利? それとも不安? 「気が利く広告」の正体 データ利用の改革進む

 広告ビジネスは、企業の収益機会を増やすのも事実だ。フェイスブックやグーグルに代表される広告ビジネスの担い手は、データの価値にいち早く気付き、そこから利益を生むための技術開発にまい進。その結果、消費者がデータを提供するだけで利用できる様々な…(52〜56ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7655文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 経営戦略#
企業・経営・ビジネス > マーケティング戦略 > 広告・宣伝・販促
インターネットサービス > eマーケティング > インターネット広告
update:21/03/05