日経ビジネス 2019/04/29号

テクノトレンド
067 コメもカスタマイズ時代 最適な遺伝子、データで発掘

 味はもっちりと濃厚で、白くピカピカと輝き、粒の大きさがそろった白米だ。名前はまだない。2022年の市場投入を念頭に、秋田県は5月にも佐竹敬久知事自らトップを務める戦略本部を設ける。県を挙げ、ブランド化や売り出し方などを打ち出す。(76〜78ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4227文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ技術 > バイオ技術#
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > 第一次産業 > 農業
【記事に登場する企業】
水稲生産技術研究所
住友化学
update:21/03/05