日経ドラッグインフォメーション 2019/05号

特集
歴史的転換点 どうなる?調剤業務

厚生労働省は2019年4月2日、「調剤業務のあり方について」の通知を都道府県などに発出した。今回初めて、非薬剤師に実施させることが可能な業務の考え方が明確に示された。業界トップや現場、識者は通知をどのように受け止めているのか、そして今後、薬局業界がどう変わっていくと考えられるかをリポートする。(26〜32ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9413文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集(26〜32ページ掲載)
歴史的転換点 どうなる?調剤業務
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬
【記事に登場する企業】
厚生労働省
update:19/05/17