日経Linux 2019/07号

特集2 特別付録「Linux起動 USBアダプター」を活用 余ったmicroSDカードでUbuntuじゃないディストリを試す
ディストリ編【Debian系】 豊富なパッケージが最大の魅力 デスクトップ用途なら最有力候補

 「Debian GNU/Linux」は、Debian Projectが開発している老舗のディストリビューションです(図1)。歴史は古く、最初に一般向けバージョンが公開されたのは1996年でした。小型PCボード「Raspberry Pi」向けのOS「Raspbian」や、いまや一番人気となっている「Ubuntu」など、…(73〜74ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3242文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 特別付録「Linux起動 USBアダプター」を活用 余ったmicroSDカードでUbuntuじゃないディストリを試す(62ページ掲載)
特別付録「Linux起動 USBアダプター」を活用 余ったmicroSDカードでUbuntuじゃないディストリを試す
特集2 特別付録「Linux起動 USBアダプター」を活用 余ったmicroSDカードでUbuntuじゃないディストリを試す(63〜65ページ掲載)
Linuxディストリは300種以上が開発中! PCにインストールしないで試そう
特集2 特別付録「Linux起動 USBアダプター」を活用 余ったmicroSDカードでUbuntuじゃないディストリを試す(66〜72ページ掲載)
準備編 Linux起動用microSDカードの作り方 「三つのワザ」を使い分けよう
特集2 特別付録「Linux起動 USBアダプター」を活用 余ったmicroSDカードでUbuntuじゃないディストリを試す(73〜74ページ掲載)
ディストリ編【Debian系】 豊富なパッケージが最大の魅力 デスクトップ用途なら最有力候補
特集2 特別付録「Linux起動 USBアダプター」を活用 余ったmicroSDカードでUbuntuじゃないディストリを試す(75〜76ページ掲載)
ディストリ編【Red Hat系】 企業システムの開発で一番人気 最新技術をいち早く試すならコレ
特集2 特別付録「Linux起動 USBアダプター」を活用 余ったmicroSDカードでUbuntuじゃないディストリを試す(77〜78ページ掲載)
ディストリ編【Arch系】 必要最小限に収めたコンパクトOS 使いこなすにはコマンド操作必須
特集2 特別付録「Linux起動 USBアダプター」を活用 余ったmicroSDカードでUbuntuじゃないディストリを試す(79〜80ページ掲載)
ディストリ編【Gentoo系】 パッケージはソースコードから作る カスタムメイドを楽しめる玄人向け
特集2 特別付録「Linux起動 USBアダプター」を活用 余ったmicroSDカードでUbuntuじゃないディストリを試す(81〜82ページ掲載)
ディストリ編【その他】 独自ルーツのディストリも多数 シンプルで軽量から企業向けまで
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Linux
【記事に登場する企業】
Debianプロジェクト
update:19/07/11