日経エレクトロニクス 2019/07号

Breakthrough 打ち出の小槌になる生成AI
〔第3部:通信応用編〕 既にルールベースの符号超え 人の“心象”基準で超高効率に

生成AIは通信や放送でも利用価値が高い。これまでのルールベースの符号化技術や画像欠損の修復に対して、深層学習を利用した技術は、はるかに高い圧縮率や修復能力を発揮するからだ。ただし、送信元のデータが受信側に正確に届いたかどうかの指標は大き…(55〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5556文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる324円
買い物カゴに入れる(読者特価)162円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
Breakthrough 打ち出の小槌になる生成AI(39ページ掲載)
打ち出の小槌になる生成AI
Breakthrough 打ち出の小槌になる生成AI(40〜41ページ掲載)
放送や通信も激変か
Breakthrough 打ち出の小槌になる生成AI(42〜48ページ掲載)
〔第1部:インパクト編〕 次世代AIがやってくる 分類・識別から生成・連想へ
Breakthrough 打ち出の小槌になる生成AI(49〜54ページ掲載)
〔第2部:開発技術編〕 さまざまな“AI回路”が誕生 「脚本からドラマ」に現実味
Breakthrough 打ち出の小槌になる生成AI(55〜59ページ掲載)
〔第3部:通信応用編〕 既にルールベースの符号超え 人の“心象”基準で超高効率に
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報工学 > 人工知能
ビズボードスペシャル > 学術系 > 人工知能
Bizトレンド > キーテクノロジー > AI
update:19/06/27