日経コンピュータ 2019/06/27号

特集1 Python
Python
AI時代の「標準言語」、COBOL世代も要注目

プログラミング言語「Python」の人気が沸騰中だ。2020年からはCOBOLを押しのけて、Pythonが基本情報技術者試験に採用される。AIを活用したシステムを開発するのに最適な言語であり、もはやCOBOL世代もPythonと無縁ではいられない。一方でPythonには弱点や不向きの用途もある。まだ知られていないPythonの常識や活用する際に必ず感じるであろう疑問を解き明かす。(24〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:566文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 Python(24〜25ページ掲載)
Python
特集1 Python(26〜29ページ掲載)
〔1〕 AIとの相性バッチリ 企業の導入相次ぐ
特集1 Python(30〜37ページ掲載)
〔2〕 なぜ簡単?弱点は? 10の疑問に答える
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > プログラミング言語・開発ツール
情報システム > 情報工学 > 人工知能
ビズボードスペシャル > 学術系 > 人工知能
Bizトレンド > キーテクノロジー > AI
update:19/07/12