日経ビジネス 2019/07/01号

有訓無訓
岩井 奉信 日本大学教授 安倍1強は改革の完成形 与野党はその日暮らしから脱却を

若手政治学者として自民党の族議員研究などに関わった後、1992年の「政治改革推進協議会」(民間政治臨調)の立ち上げに参加しました。これ以降、衆院への小選挙区比例代表並立制導入などの政治改革、マニフェスト(政権公約)による政策中心選挙の推進などに…(7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1405文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
日本大学
update:19/07/08