日経トップリーダー 2019/07号

調査マンは見た!
〔ファイル17〕 増加するSNS時代の倒産

典型例は「バイトテロ」だ。飲食店や小売店のスタッフが店内で撮った悪ふざけ動画や画像が拡散し、経営陣が謝罪に追い込まれる事態も少なくない。最近も大手住宅会社の下請け企業の従業員が、受水槽で泳ぐ動画が問題になった。(75ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1380文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
インターネットサービス > ネット上のコミュニケーション > ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)
政治・経済・社会 > 社会 > 社会問題
update:19/07/08