日経エレクトロニクス 2019/08号

Emerging Biz 電子機器
米5Gの雄Qualcommが完敗 ライセンス料の大幅低下も
「サンノゼ裁判」の判決をひも解く(前編)

 (A)ノーライセンス・ノーチップポリシーとは、特許ライセンス契約を締結しない顧客にはモデムチップを供給しないというQualcommのモデムチップ・ビジネスの基本方針を指す。同社はこれを長期間にわたって端末メーカーに対して実施してきた。 例えば、端末メ…(83〜92ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:14815文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 知的財産・特許(エレクトロニクス) > エレクトロニクスの知的財産・特許
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 伝送規格全般
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > エレクトロニクスの知的財産・特許
Bizトレンド > キーテクノロジー > 5G
【記事に登場する企業】
米クアルコム社
update:19/08/09