日経ビジネス 2019/07/29号

敗軍の将、兵を語る
不正から1年、成長の道探る 大鹿仁史氏 [日本貨物航空社長]

 人手不足だという認識がなかったわけではありません。将来的に対応が必要だという危機感はありました。しかし、新型機の運航が安定し、作業効率も上がってくれば、当面は運航を維持できるという認識だったのです。(118〜119ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3072文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
サービス・流通・生活・文化 > 旅客・運輸サービス > 運輸サービス
【記事に登場する企業】
日本貨物航空
update:21/03/05