日経アーキテクチュア 2019/08/22号

フォーカス[建築]
追手門学院大学ACADEMIC−ARK(大阪府茨木市)
三角プランでにぎわい集約

1000人規模のホール頭上に図書館を浮かべる平面が正三角形の大型大学校舎が完成した。約3600人が学ぶ建物を分棟化せず、1棟に収めた。建物中心には、「知の拠点」を象徴する図書館が浮かぶ。学生のにぎわいが集約され、活気にあふれていた。(48〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6315文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 設計・デザイン > 商業建築設計・デザイン
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 建設事業・事例
建設・不動産 > 建設・建築 > 商業建築設計・デザイン
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 建設事業・事例
update:19/08/29