日経ビジネス 2019/09/02号

時事深層 INDUSTRY
京都信用金庫が実証実験 待ったなしの「金融認知症対策」

高齢化に伴い、認知症患者の保有資産が2030年に215兆円に達するとの予測がある。認知機能の低下で暗証番号を忘れてATMが利用できなくなるといった場面も増えてくる。どう資産を管理するか。京都信用金庫が「金融認知症対策」の実証実験に乗り出す。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1567文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > マーケティング戦略 > 商品企画
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 精神の疾患
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 金融商品・サービス
政治・経済・社会 > 社会 > 社会問題
【記事に登場する企業】
京都信用金庫
update:19/09/09