日経コンピュータ 2019/09/05号

ニュース&リポート
ベネッセ本体に初の賠償命令 情報流出事件、監督責任を認定

東京高等裁判所は2019年6月末、情報流出事件でベネッセに賠償を命じた。一連の裁判でベネッセ本体への賠償命令は初めて。個人データの安全管理における「委託元の監督責任」が改めて問われている。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1540文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 企業統治・危機管理
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
【記事に登場する企業】
ベネッセコーポレーション
update:19/09/21