日経ものづくり 2019/10号

特集1 ものづくりデータサイエンティスト
〔Part3 育成合宿〕 中小の工場に「最初の1人」を 社長を説得できるスキルがゴール

 「ファクトリー・サイエンティスト」は、同育成講座のプロジェクトに携わる田中氏と由紀精密(本社神奈川県茅ケ崎市)代表取締役社長の大坪正人氏らによる造語*3。工場における課題を科学的知見に基づいて解決していく人材を意味する。その課題解決の手段…(54〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5666文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 ものづくりデータサイエンティスト(37ページ掲載)
ものづくりデータサイエンティスト
特集1 ものづくりデータサイエンティスト(38〜41ページ掲載)
〔Part1 総論〕 現場の技術者にこそデータ科学を 新アプローチの使い手を育成
特集1 ものづくりデータサイエンティスト(42〜45ページ掲載)
〔Part2 企業事例〕 デンソー……リテラシー啓発
特集1 ものづくりデータサイエンティスト(46〜49ページ掲載)
〔Part2 企業事例〕 三菱ケミカルHD、ブリヂストン……研究開発刷新
特集1 ものづくりデータサイエンティスト(50〜53ページ掲載)
〔Part2 企業事例〕 NEC、日立製作所……大量育成
特集1 ものづくりデータサイエンティスト(54〜57ページ掲載)
〔Part3 育成合宿〕 中小の工場に「最初の1人」を 社長を説得できるスキルがゴール
特集1 ものづくりデータサイエンティスト(58〜61ページ掲載)
〔Part4 コラボ授業〕 滋賀大学とダイハツがタッグ 実車データを収集・分析・検証
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > 生産体制(車・バイク)
【記事に登場する企業】
慶應義塾大学(慶応義塾大学)
update:19/10/08