日経ビジネス 2019/10/07号

時事深層 POLICY
スピード決着の日米貿易交渉 「第2ラウンド」は課題山積

日米の貿易交渉が閣僚級協議の開始から半年足らずでスピード決着した。牛肉・豚肉の関税削減を急ぐ米国と、日本車への追加関税回避を狙う日本との思惑が一致した。日本政府や関係者から安堵の声が漏れるが、2020年春以降の「第2ラウンド」は視界不良だ。(19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1559文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 貿易全般
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > その他(世界経済・貿易)
【記事に登場する企業】
日本政府
米国政府
update:21/03/05