日経ビジネス 2019/10/07号

ケーススタディー 脱コモディティー
トヨタ自動車(自動車大手) レース勝利が経営課題

 その成果も出始めた。トヨタが今年5月に発売したスポーツカー「スープラ」。17年ぶりの開発では車体設計はGRカンパニーが担い、走りを追求した一方、エンジンは独BMWから調達し、生産はオーストリアのマグナ・シュタイヤーに委託するなど自前主義と決別した。(66〜69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5806文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン#
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 経営戦略#
企業・経営・ビジネス > マーケティング戦略 > マーケティング・商品企画#
企業・経営・ビジネス > マーケティング戦略 > その他(マーケティング戦略)
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > その他(車・バイク−製品・販売)
【記事に登場する企業】
トヨタ自動車
update:21/03/05