日経Linux 2019/11号

特集2 古いWindows7マシンを最新Linuxで復活しよう
総論 Windows 7時代のパソコンをLinuxを使って蘇らせよう

 Intel社は2000年に「NetBustマイクロアーキテクチャー」を採用するPentium 4を発売しましたが、発熱や消費電力の壁に突き当たり、高性能化が困難になり始めました。 一方、Intel社の競合である米AMD社は、コンシューマー向けとしては初の64bitの命令セット「AMD64」を搭…(70〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3051文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 古いWindows7マシンを最新Linuxで復活しよう(69ページ掲載)
古いWindows7マシンを最新Linuxで復活しよう
特集2 古いWindows7マシンを最新Linuxで復活しよう(70〜71ページ掲載)
総論 Windows 7時代のパソコンをLinuxを使って蘇らせよう
特集2 古いWindows7マシンを最新Linuxで復活しよう(72〜75ページ掲載)
part1 ネットブック Atom搭載の格安ノートPCをPuppy Linuxで復活する
特集2 古いWindows7マシンを最新Linuxで復活しよう(76〜81ページ掲載)
part2 Core2ノート ごく初期の64ビットCPUは32ビット版Linuxの方が速い?
特集2 古いWindows7マシンを最新Linuxで復活しよう(82〜85ページ掲載)
part3 低価格一体型 使い慣れたWindows 7アプリを仮想環境に残して使い続けたい
特集2 古いWindows7マシンを最新Linuxで復活しよう(86〜88ページ掲載)
part4 Core i 搭載タワー型 サーバー用途に使うのなら古いCPUの脆弱性をチェック
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Linux
update:19/11/10