日経Automotive 2019/11号

Automotive Report
マツダの新型SUV「CX−30」 監視カメラで居眠りなどを警告

 既存機能の強化では、自動ブレーキの夜間歩行者の検知性能を向上させた。自動ブレーキ用のセンサーとしては、カナダのマグナ・インターナショナル(Magna International)製の単眼カメラを使う。既存車種で使っているものと同じだが、「カメラの画像処理アルゴリ…(26〜28ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3199文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > 新型・モデルチェンジ・販売体制
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > ITS・自動車情報システム
【記事に登場する企業】
マツダ
update:19/10/22