日経Automotive 2019/11号

Cover Story メガサプライヤー 2030年の展望
メガサプライヤー2030年の展望

2030年に向けてメガサプライヤーが一斉に動き出した。CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリングサービス、電動化)で覇権を握るため、各社は事業の種をまく。付加価値がハードウエアからソフトウエア、サービス、データに移行する中、どこに焦点を当てるのか…(46〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:585文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
Cover Story メガサプライヤー 2030年の展望(46〜47ページ掲載)
メガサプライヤー2030年の展望
Cover Story メガサプライヤー 2030年の展望(48〜49ページ掲載)
〔Part1〕激戦時代を生き抜く CASEに立ち向かう
Cover Story メガサプライヤー 2030年の展望(50〜55ページ掲載)
〔Part2〕Continental レベル3普及せず、エンジンは終焉
Cover Story メガサプライヤー 2030年の展望(56〜61ページ掲載)
〔Part3〕Bosch モノ売りからIoT企業に変わる
Cover Story メガサプライヤー 2030年の展望(62〜67ページ掲載)
〔Part4〕ZF AI活用し車酔い防ぐ
Cover Story メガサプライヤー 2030年の展望(68〜72ページ掲載)
〔Part5〕デンソー 「熱」を自在に操り、半導体は内製
Cover Story メガサプライヤー 2030年の展望(73〜76ページ掲載)
〔Part6〕アイシン精機 協調制御やシステム化で差異化
Cover Story メガサプライヤー 2030年の展望(77〜80ページ掲載)
〔Part7〕ジェイテクト 電動パワステのソフト力で勝負する
関連カテゴリ・企業名
update:19/10/22