日経ものづくり 2019/11号

事故は語る
H−IIB移動発射台で打ち上げ直前に火災 流れる液体酸素で帯電、断熱材が発火

 火災が発生したのはH-IIBロケットを打ち上げるための移動発射台「ML3」の開口部だった(図1)。移動発射台とはロケットの機体を組み立てる台座で、それに載せたまま組み立て場所から射点まで運ぶ。射点での燃料の充填や最終的な点検を行う機能なども備える。(76〜79ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5121文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 修理・クレーム > 車・機械・家電・工業製品の修理・クレーム全般
update:19/11/08