日経ビジネス 2019/11/11号

特集 変調 サムスンの不安
PART4 国との“協調”、今後は難しく 司令塔なき不安露呈 成功モデルを覆せるか

 財閥にとって国との密接な関係は大きな意味を持つ。韓国政府は8月末に発表した20年度予算案で、素材や部品の国産化に約24兆1000億ウォンを盛り込むなど全面的な企業支援を打ち出した。国内最大財閥のサムスンは当然、最も大きな恩恵を被るはずだ。(42〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9908文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン#
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 経営戦略#
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > コーポレートガバナンス#
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 海外経済・金融動向#
政治・経済・社会 > 社会 > 海外の社会事情
【記事に登場する企業】
韓国政府
韓国・サムスン・エレクトロニクス社
update:21/03/05