日経ビジネス 2019/11/11号

連載小説 Exit
第6回

前回までのあらすじ 月刊誌記者の池内貴弘は、高校時代の交際相手で故郷・仙台の地銀に勤める千葉朱美が、都内に住む池内の叔母に融資の営業に訪れたことに違和感を覚える。旧知の経済ジャーナリストは「その銀行には日本の膿が凝縮されている、取材しろ」と…(66〜69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6894文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:21/03/05