日経ビジネス 2019/11/18号

特集 誰が得する○○ペイ キャッシュレスの闇
PART2 複雑すぎる業界構造 キャッシュレス普及阻む“決済マフィア”

 スマホ決済の構造はクレジットカードに比べるとシンプルだ。VISAなど国際ブランドは介在せず、商店や飲食店など加盟店を開拓するアクワイアラと、消費者に利用額を請求するイシュアーの役割分担は基本的にない。「PayPay(ペイペイ)」や「LINE Pay」は加盟店開…(42〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8805文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 誰が得する○○ペイ キャッシュレスの闇(32〜33ページ掲載)
誰が得する○○ペイ キャッシュレスの闇
特集 誰が得する○○ペイ キャッシュレスの闇(34〜35ページ掲載)
プロローグ 「祭り」の裏に垣間見える闇
特集 誰が得する○○ペイ キャッシュレスの闇(36〜41ページ掲載)
PART1 1万人調査で見えてきた 官製普及策の限界とPayPayの躍進
特集 誰が得する○○ペイ キャッシュレスの闇(42〜47ページ掲載)
PART2 複雑すぎる業界構造 キャッシュレス普及阻む“決済マフィア”
特集 誰が得する○○ペイ キャッシュレスの闇(48〜51ページ掲載)
PART3 キャッシュレス化の理想郷 導入は目的ではない 成長の手段にせよ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > EC > ネット決済・電子マネー
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 金融商品・サービス
政治・経済・社会 > 国内財政 > 税金・国債
政治・経済・社会 > 社会 > 社会全般
Bizトレンド > 電子マネー・仮想通貨 > スマホ決済
update:19/11/25