日経ビジネス 2019/11/18号

テクノトレンド
095 次世代環境船 規制強化で風の力も借りたい

 商船三井によると、10万トンの石炭を運搬できる船に帆を1本搭載した場合、日本とオーストラリア間の航路で温室効果ガスを約5%削減できるという。商船三井の技術イノベーションチームの大西暢之チームリーダーは「バルクキャリア(ばら積み貨物船)やタンカ…(78〜80ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4757文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > その他乗り物製造 > 船舶
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > 環境・自然保護(車・機械)
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境・自然保護(車・機械)
【記事に登場する企業】
大島造船所
川崎汽船
川崎重工業
商船三井
update:19/11/25