日経ビジネス 2019/11/25号

特集 中小企業本当に要らない? 展望「ポスト大廃業時代」
中小企業本当に要らない? 展望「ポスト大廃業時代」

この国には中小企業が多すぎる。生産性向上のためには統廃合を進めるべきだ──。日本経済の先行きに不透明感が強まる中、そんな「中小企業淘汰論」が注目を集めている。(26〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:372文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 中小企業本当に要らない? 展望「ポスト大廃業時代」(26〜27ページ掲載)
中小企業本当に要らない? 展望「ポスト大廃業時代」
特集 中小企業本当に要らない? 展望「ポスト大廃業時代」(28〜33ページ掲載)
PART1 高まる「淘汰論」、幕を開ける「大廃業時代」 中小企業経営者も自虐 「99%は要らない」
特集 中小企業本当に要らない? 展望「ポスト大廃業時代」(34〜39ページ掲載)
PART2 小さな会社がないとどうなる 中小企業、全部消えたら「街」も「技術」も消える
特集 中小企業本当に要らない? 展望「ポスト大廃業時代」(40〜45ページ掲載)
PART3 「大廃業時代」の乗り切り方 必要な中小は残す 実践すべき5つの知恵
関連カテゴリ・企業名
update:19/12/26