日経ビジネス 2019/11/25号

テクノトレンド
096 データが救う水道問題 インフラ危機、「ソフト」に解決

 そうした状況下で、千葉県富津市、鋸南町、多古町などの自治体から支援要請を受けたのが、水循環技術を開発するWOTA(東京・文京)だ。同社は小型の排水ろ過システム「WOTA BOX」を使った非常時用シャワーユニットを、千葉県内に7機設置。合計で約300人がシャワ…(74〜76ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3791文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > その他(車・機械・家電・工業製品) > その他(車・機械・家電・工業製品)
政治・経済・社会 > 社会 > 社会問題
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > 水道・水事業 > 上下水道事業
【記事に登場する企業】
WOTA
メタウォーター
ヤマハ発動機
update:19/12/26